吉方位取りの効果、前後に体調を崩すのは毒だし・好転反応?

吉方位旅行は絶対に行かないとだめというものでは無いです。

行くと良い効果が得られると思っていますが、吉方位の影響を実感が出来る人に限られます。

占いの理屈上は運気が良くなるので、吉方位の影響を実感出来ると分かった人にオススメしています。
参考:「吉方位の引越し・旅行の効果と影響の本当のところ」

ただ、吉方位の影響は、人によって目先の事をちゃんとやる方が優先というケースもあるので、ケースバイケースです。

こういった背景があるので吉方位に行くとなれば、「吉方位旅行を決めた後、どういう事が起きるか・起きないか」がポイントになってきます。

相談者の中には無理をしてでも吉方位旅行に行こうとされる(あるいは行った)方がいます。

確かに今すぐ吉方位旅行に行った方がよい人もいるのですが、あまりに無理をすると現実面で問題が出ることもあります。

一番多いのが旅行前に体調を崩すケースや予定が急に入るケースです。

吉方位旅行を決めたのに無理をしないとその旅行に行けないような場合は、「なぜそうなのか」が大事になります。

吉方位旅行前後で体調を崩すのはなぜ?

運気アップのために旅行をしようとしているのに吉方位旅行に行けないかもしれない場合、何かあるのかもしれません。

吉運で運気が上がっているならば、自分にとって負担になっている部分を軽くする作用があると考えます。

その結果、よくあるのは体調を崩すというものです。

吉方位旅行の前後の体調不良は毒出し(好転反応)ではありません。

開運なのに毒出しってどういうこと?といつも思うのですが、体調を崩すケースは私も聞きます。

吉方位旅行前もそうですし、旅行中もそうですし、旅行後もそうです。

どこかのタイミングで体調を崩すことがあります。

風邪を引く、大きな病気(が発覚)になる、大熱が出るなど、いろいろあります。

この時にどうするか、どういう風に受け止めるかが大事になります。

開運旅行に行っている事実が大事

これが開運に繋がるならどういう意味があるのか?を考える事、気がつくことがあります。

大抵の場合、旅行前に体調を崩したら行かないほうが良いです。

状況にもよりますし、体調にもよるのですが、行かないほうが良いです。

そういう流れです。

そういう時は旅行よりも意識することがあるはずです。

旅行を中止して、体調を整えて、再度計画する。

もともと旅行を予定しているのですから、お休みのはずです。

そこで体調が崩れた意味をよく考える必要が出てきます。

運気を上げようとして起こった事が今必要なこと

運気は上げれば良いではなく「上げる過程で起きていることの受け止め方で、その人の運命そのものを変わっていく」ということです。

吉方位旅行を考えている人は、起きた現象を受け止めることから始めます。

無理をして更にこじらせるよりも、ゆっくり休んで次に繋げていくことです。

そこから生まれる余裕が運を運んできてくれます。

【関連するまとめリンク】
「毒だし・好転反応が気になる人」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧