内容修正日: 2017年3月6日

家電製品が壊れるのは損じゃ無くて得してるんです

家電製品が壊れてくれることで気がつける運気があります

相変わらずすごく多いのが「物が壊れる事に対する流れ」に関するご相談です。
電化製品が壊れた~、鏡が割れた~、物が無くなった~。


いろいろとあります。
ところが、逆に物が壊れないっていう人もいるんです。


私の場合は、壊れるっていうか使えなくなる状態になるような物ってちょっと思いつかないです。
あ!1か月ぐらい前に加湿器が旅立たれました。(2013年12月4日現在)


ただし、突然壊れたんじゃなくて、昨年ぐらいから怪しい動きをしてたんですが、ついに(泣)
ところが面白いことに、ちゃんと控え投手がいてくれたので、加湿に困ってないです(笑)


物が壊れる事については何度かお話してきているのですが、何が壊れるかによって状況が異なります。

特に注意したいのは「電化製品系」です

電化製品というのは電気で動きます。
電気というのは「気」です。


もちろん、人工的なものですが、電気は人間も発しています。
つまり、電化製品が壊れるということは、それを使っている人の「気」がおかしくなっているかもしれないということ。


よくあるお話で家電を買ってきたらすぐ壊れた、不良品だ!!!って怒っちゃう人がいます。
でも、不良品に当たったこともない人もいるんです。

壊れたときにその時の自分の状況を振り返ってみると、いまいちなことが多いです

不調の人は不良品をつかみやすかったり、急に家電製品があれこれ壊れる事があります。
こういう時は、その時にやっていることを中止するなり、変更した方がよいことが暗示されています。


あなた自身は気づいていなくても、あなたの周りにあるものに猛烈に影響を与えた結果、家電製品が壊れている可能性が高いからです。
比較的壊れにくい状況が作れるのは観葉植物やペットを飼っている家は、家電製品などは壊れにくい状況にあります。


「気」というのは良いほうが良いですが、それぞれの環境で絶妙のバランスを保っているため、観葉植物やペットが流れを良くしてくれるんですね。
言ってみれば、これらが緩衝材になってくれています。


なんとなく落ち着く~っていう家や場所は地場が安定しているのと同じです。
「気」とか「地場」とか見えないものなので眉唾になりやすいですが、あると仮定した場合、整理しやすいです。


家電製品にかぎらず、ペットの調子が急に悪くなったりする場合も含めて、そういうことが起きたら「原因が思い当たるはず」なんですね。
家族に影響が出る場合は、弱い人に影響がでます。
子どもやお年寄りです。


もし一家の大黒柱に影響が出始めていたら、その家庭は大分きつい状態になっています。
だからこそ、現状を整理すれば気がつくこともあると思います。

目の前に起きている現象に意味があるとすれば気がつきやすくなります

モノが壊れたときに「うちは今大丈夫だろうか」と意識的に気づこうとすると大分違います。
本当は物が壊れるまでもなく、どこかで意識に残っていることも多いです。


人は「虫の知らせ」を甘く見やすい傾向があります。
家電製品が壊れるくらいだと、相当なもんです。


実際にはその前に、つまづいて転んだり、物にぶつかったり、服を破ったり、何らかの示唆が出ているはずなんです。
そういう予兆を「虫の知らせ」って言います。


家電製品が壊れると「買ったばかりなのに・・・」ってがっかりする人がいますが、逆です。

家電製品が壊れてくれることによって、助けてくれていることもあります

そこに気づく必要があります。
そういうことに気づけるようになると、壊れる前に流れを変えることが出来ます。


そしたら出費も減ることになるので、結果的に金運も逃げなくなります。
どうしたら気づけるようになるかについてですが、日々起きることの中で、普段と違う事があれば「どういう意味があるんだろう」と考えると効果的です。


目の前の出来事を放置しないで受けとめていく感じです。
こういうことが起きた、その結果こうなった、ということの経験を積み重ねていくと、だんだんと良い状態なのか微妙なのかが分かってくるようになります。

引っ越しを少しでも安くしたいと思っている人は「こちら」から ※サイト運営は私です♪

【スポンサーリンク】

【ブログの更新にあわせて更新メールをお届けします。】
ブログを更新したときに一口コラムも付けてます。なんでこんな話をしたのかっていう、他ではオープンにしていない更新メールだけのお話になります。登録についてはこちらから

関連記事

【スポンサーリンク】

過去のお話を月別にチェックできます

ブログ更新メールのご登録

ブログ更新にあわせて更新メールをお届けします。
詳細はこちらから

ページ上部へ戻る