内容修正日: 2017年4月7日

物が壊れることは不運なのか幸運なのか

モノが壊れたときにきっかけをつかめば、不運が幸運になる

今回は物が壊れることに関しての運気についてお話します。
普通は物が壊れたら悲しみますし、運が悪いと思うことが多いかもしれません。

でも実際には違う可能性があります。
もちろん、物が壊れれば悲しいですし、大切にしているものであればなおさらです。

しかし、それだけで終わらせないで、違う受け止め方を持つことが出来れば、見えてくる世界が違ってきます。
物が壊れると言ってもいろいろなケースがあります。

子供がぶつかって壊す場合や、不注意で落として壊す、何もしてないのに壊れる、いろいろとあります


そのどれにも言えることですが「大切にしているもの」であれば、何か意味がある可能性が高いです。
大切にしてないものは壊れてもしょうがないので、これは大きな意味はないです。

普段使っているものでなくなると困るものが壊れるというのは、その時点での現状について整理するチャンスです。
壊れた状態や自分の身の回りを見直すことで、壊れた理由が見えてくることも多いです。

物が壊れるのはどこかに無理がかかっているケースがほとんどですが、何かを暗示するかのような壊れ方をする場合もあります。
共通しているのは、物が壊れるというのは今やっていることを再検討した方が良いですよ、という暗示が入っているということです。

前に三味線が壊れたっていうお話をしました。
私が忙しすぎて、ついつい不注意で壊してしまったのですが、その当時の状況で「まずいな」って思ってましたから、三味線が壊れたことで、やり方を変えました。


【スポンサーリンク】

当たる電話占い・安心出来る電話占いの一覧はこちら

物が壊れるときというのは、よく考えてみると心当たりがあることが多いです

ものが壊れる場合は自分自身に心当たりが無くても、その物を良く使う人にかかわりがあったりと、意外とちゃんと暗示してくれてます。
「物が壊れる」という状況をちゃんと整理し、問題があればやり方を修正し、問題が無ければそれでよしとする。

ここでのポイントは物が壊れること自体に運のよしあしは無いわけです。
その後、ちゃんと判断できれば幸運といえますし、判断を間違えれば不運といえる、ただそれだけといえます。

安易に、なんでも運が良かったとか悪かったとかで判断するのではなく、起きた物事に対してまずは冷静に状況を判断することです。
そうするだけで、今とは違った人生になる可能性が高まります。


初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧メール方位鑑定10000円リピーターのお客様

電話占いウィルの詳細はこちら

九星気学トップページに移動




過去のお話を月別にチェックできます

ページ上部へ戻る