物が壊れるときは立て続け、嫌なことが起こるときも立て続け、そんなときに必要なこと

モノは壊れることでしか、あなたに伝えたいことを伝えられないことがあります

物が壊れることのシグナル、どうして行けば良いかは「家電製品が壊れるのは損じゃ無くて得してる」に詳しくまとめました。

ここでは「なぜ続けて壊れるのか・嫌なことが続くのか?」について触れています。

嫌なことも良いことも不思議と続きます。
参考:「運は下がったまま、上がったままになることもある」

これは時の流れとそれまでの積み重ねと選択の結果、それらの混ざり合った「今」を表現するために起きている可能性があります。

物が壊れるときは本人の生き方を見直す時

物が壊れるときは本人の生き方を見直す時

物が立て続けに壊れるときやなくすときというのは、大抵、本人の調子がおかしいです。

こういうときの「時の流れが無理をしない方が良い」という流れになっていることが多いです。

時の流れとは、その人が今何をしているかどうかは重要では無く、一律で強く作用したり弱く作用したりします。
参考:「理由はよく分からないけど調子が良くない・いらいらする時に役立つ占い」

その作用は追い風になることもあれば、向かい風になることもあります。

そして、向かい風の時に無理をしていると、物が壊れやすくなったり、嫌なことが起きたりします。

また、嫌なことが続く場合は時の流れの他に、その人の運気も影響をしています。

良い運気が自分に必要なことを嫌な形で教えてくれることもある

占いが好きな方は今年の運勢は良いだろうか悪いだろうかと気にされますし、運気を上げたいと思う人は運気アップに関心が高いです。
参考:「運気を上げると本当の自分が見えてきて人生が変わり始める」

物が壊れるときも、嫌なことが続く時も「その人にとってその選択肢が間違っている可能性がある」ということを意味する場合があります。

特に執着をしていたり、こだわりすぎている場合、何かの拍子に立て続けに起きます。

何かにチャレンジをしているときも似たような状況になることがあるのですが、「自分に合っていない」という場合に起きることが多いです。

特に運気アップを目的にして吉方位旅行や吉方位の引越しをしている場合は、問題が続くことががあります。

そういう人を鑑定すると「こだわっていることが自分のクビを締めている」というケースが目につきます。

それを望む事は分かる、応援したい、でも、ズレてない?ということもある

立て続けに物が壊れたり、嫌なことが起きる場合は「なぜ?」と思う前に、自己分析が有効です。

ほとんどのケースで本人にも思い当たることがあります。

また、本人が思い当たらなくても、占い師に相談されると「この辺が問題の根っこになってます」と教えて貰うと気がつけます。

物が壊れたり、嫌なことが起きるときは、その時の相談者の状況にもよるのですが、こだわりを捨てたり、現状を変えると収まることが多いです。
参考:「こだわりが自分を苦しめるときは、そのこだわりを再確認する時期」

もちろん、家相・風水的に場所が悪いというのはあるかもしれません。

そういった可能性の考慮は大事ですが、まずは「今現在の自分はどうなのか」という整理があった方が良いです。

何かの拍子に問題が続く場合は、その一歩手前に何をしたか、何に関わったかをチェックする

何かの拍子に問題が続く場合は、その一歩手前に何をしたか、何に関わったかをチェックする

先ほどは運気を上げることで自分の中にズレがある場合は、問題が起きやすいとお伝えしましたが、運気が下がるときも同様です。

特に、順調だった人が何らかの形で運気を下げた場合、立て続けに問題が起きやすいです。(この逆もあります)

順調だった人が何かのきっかけで運気を下げる例で多いのは、出張や旅行、あるいは引越しがきっかけになったり、または人間関係の変化で運気を下げることに繋がったりします。(実際には既に運気が下がり始めているので、そういう流れに乗っている感じです)

人間関係の変化というのは「本当は嫌なんだけどしょうがない」という感じのお付き合いが増えると、効果てきめんに自分の運気を下げます。(良いと思っていてもダメなこともあります)

運というのは様々なところから持ち込まれますし、自分も持ち込んでいます

そして、簡単に現実に影響を及ぼします。

あの人と待ち合わせをしていると、いつも良い感じになるんだよねっていうケースもあれば、その逆もあります。

これは厳密には「運」だけでなく、相性も関わってくるので一概に良い悪いは言えないです。

あの人は苦手なんだけど、自然と話がうまく行くんだよねってこともあるからです。

ポイントは現実はどうなのか?

大切な事は「立て続けに何かが起きたときにどうするか」です。

嫌なことが起きるときは特にです。

物が壊れるときは精神的な消耗も激しいです。

嫌なことでも物が壊れる場合でも、まずは身の回りをチェックします。

続いている嫌なことは自分にとってどうなのか、続いている物が壊れることは自分にとってどうなのかです。

嫌なことが起きる、物が壊れるというのは普通の感覚だと「ダメ」という方向に繋がりやすいですが、一概に言えないので、まずは原因と現状をチェックします。

原因というのは、無理をしていないか、こだわりが強くないか、自分の事しか関心を持てていないのでは無いか、目をそらしていることがあるのではないかなどです。

大体はこの辺を現実と照らし合わせていくと、原因がはっきりしやすいです。

起きた事を損益で考えてみると冷静になれる

次に現状のチェックですが、ポイントは「それで困るのか?」という視点を持つことです。

嫌なことが起きる、物が壊れるというのは言葉だけで言えば困った状態に見えますが、実際には違う場合があります。

感覚的には嫌なことだけど、冷静になったら必要な事もあります。

いつか壊れると思っていたけど、今まとめて壊れてくれたお陰で何とか対処出来るという場合もあります。

運の無い状態というのは、困るときに困ることが起きることです。
参考:「単発でトラブルや問題が起きるのは運の良い証拠」

いわゆるどん底にいるのに上から石が降ってくるような状態です。

明らかにするのは「今の自分は運があるのか無いのか」ということです。

運がある中で起きていることは必要な事、運が無い中で起きていることは自分が危うい状況にいるということ

運がある中で起きていることは必要な事、運が無い中で起きていることは自分が危うい状況にいるということ

これが原因と現状をチェックする目的です。

物が壊れることが続いたり、嫌なことが続く場合、何かをやっている(チャレンジしている)ときに起きやすいです。

そのやっていることが自分にとって運を呼んでくれているのか、それともやばい方に向かっているのかは普通は分かりません。

これがどっちに向かっているのか分かると、修正が出来るようになります。

一人では難しいので私が鑑定の中で一緒に整理をしていきます。

今やっていることが自分に運を呼ぶことであるならば、物が立て続けに壊れても、嫌なことが立て続けに起きても対処のしようがあります

物が壊れてもそれは身軽になる必要があることを暗示しているので、要不要を明確にして断捨離を進めます。

身軽になれば物も壊れなくなりますし、自分も楽になります。

嫌なことが立て続けに起きる場合も、「そっちじゃない」ということを教えてくれている事が多いです。

もちろん、嫌なことが続いていても、実はその人にとってどうしても必要な流れということもあります。

この辺はどちらかなのか、本人もうすうす気がついています。

それを占いではっきりさせることで、踏ん切りを付けていきます。

気がついて貰うために現実の世界で変化が起きている

「続く」ということは「早く気がついて!」という状況です。

でも自分では気づききれないので、占い師が協力をする感じです。

物が壊れたりするのは日常と違う変化ですが、変化が起きるのは「何か注意することがある」かもしれないです。

ただし、最初にお話をしたように「時の流れ」として、負担が大きくなったりすることはあります。

そういうときは意識的に力をセーブして、体力温存が大事な場合もあります。

目の前に起きていることが何を意味しているかは前後関係をお聞きして、望んでいる事ややっている事をお聞きした上で占ってみないと分かりませんが、一度立ち止まって自分を振り返るタイミングです。

変化の時の流れに上手く気がつくことが出来れば、問題は少なくなっていきます。

【ここで取りあげたリンク】
「家電製品が壊れるのは損じゃ無くて得してる」
「運は下がったまま、上がったままになることもある」
「理由はよく分からないけど調子が良くない・いらいらする時に役立つ占い」
「運気を上げると本当の自分が見えてきて人生が変わり始める」
「こだわりが自分を苦しめるときは、そのこだわりを再確認する時期」
「単発でトラブルや問題が起きるのは運の良い証拠」




初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【4月に大阪でお会い出来ます】
4月23日(月)~26日(木)の大阪に滞在致します。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)


【新しいブログを作成しました】
新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所を確保するために、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」


九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 気になることや聞きたい事はツイッターでご質問をどうぞ




過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る