気学吉方位のお水取りの効果なし?ある?



九星気学の吉方位時期のお水取りをやったことが無い人は効果を気にしなくて良い

私自身が基本的に「お水取り」とかを全然重視していないので、このお話は滅多にしないのですが、その「お水取り」についてです。

気学の吉方位のお水取りの効果のあるなしについて、私は疑問です。

少なくとも私のお客様には勧めたくないです。

お水取りとはあなたの吉方位で清水(湧き水など)を汲んできて、飲んだりいろいろな物に使ったりすることです。

結構縛りがあって、基本的には午前中を基準としますが、時盤を使ってその時間内に汲むとか、その時間内に出発して汲みに行くものです。

吉方位のお水取りの効果と影響力を考えるとお勧めできない

手法はなんであれ「これは良い!」という場合、私はお勧めしますし、合う人もいると思います。

私が基本的にはオススメしないのは、吉方位の影響は「その行動量に左右される」というのが基準にあるためです。

引越しがなぜ方位の影響が強いかといえば、家をまるごと変えるからです。

どうして、旅行の影響力が強いかというと、生活の場所を変え、そこで一定時間過ごすからです。

このため今日一日でどうのこうのは、そこだけを切り取ると疑問が残ります。

それなら吉方位の温泉に行く方が余程良いです。

加えて、お水取りの効果のあるなしでいうならば、たとえば私のような人間がお水取りをしたとしても微妙です。

気学のお水取りの効果を実感出来ない

お水取りの効果を実感出来る人ならやる意味はあります。

実感なのか思い込みなのか分かりませんが、いずれにせよ「本人が良いと思える」ならやる価値があります。

想いの強さの違いともいえるのですが、気学の方位の影響というのはそういう見えない要素が大きいです。

だからこそ、お水取りが良い!って感じる人はそれで良いです。

お水取りに関わらず占いは人生を縛ることがある

注意したいのは、お水取りが良いのは良いですが、それにとらわれすぎない事です。

行き過ぎると「このミネラルウォーターはいつどこでとれた水なの????」と感じるようになります。

こうなるとダメです。

人は水を飲まないと生きていけません。

それなのにこんなところにこだわってしまったら、もっと大切な「生きる」ということをないがしろにしてしまいます。

最初に「お水取りをやったことがないなら気にしなくて良い」とお伝えしたのは、労力も大変だし効果のあるなしについても疑問があるからです。

そこに力を注ぐくらいなら、他に出来る事はたくさんあります。

お水取りを考え始めたら一度立ち止まって、現実で他に出来る事は無いだろうかと考えた方が良いと思います。

【関連するまとめリンク】
「日盤吉方位取り・凶方位の影響の受け止め方・活用の仕方のまとめ」






ココナラ電話鑑定3000円クーポンが使える初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【吉日・吉方位の影響を高め、凶日・凶方位の影響を弱める占い】
リピーター様のみ鑑定対象となりますが、6月18日から吉日占いを開始します。(詳細はこちらから)


【7月に那覇市・大阪市でお会い出来ます】
7月17日・18日は那覇市、7月23日~26日、30日~2日は大阪市に滞在致します。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)


【有料鑑定終了のお客様専用メルマガのお知らせ】
過去に有料鑑定を受けられたお客様用にメルマガを配信します。ご希望の方は鑑定時のメールアドレスに、メルマガ配信を希望するメールアドレスで「お名前」を書いて送ってください。送信内容は「タイトル:メルマガ希望」「内容:〇〇〇〇です。メルマガ希望です」という感じでOKです。月に1~数回の配信になります。LINEで配信を希望される場合はLINEからお知らせください


【新しいブログを作成しました】
新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
今日の運勢その他を載せ始めたのがこちら→「占いは怖くて怖くない」、このメインブログの投稿を大幅に調整しましたが、調整され削除された投稿は「九星気学で引っ越し・旅行の凶方位も対処する」に引っ越しをしました



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 気になることや聞きたい事はツイッターでご質問をどうぞ

過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る