就職活動や転職活動にどうやって方位を使う?

就職や転職活動で方位を意識するケースがあります。

ただし、私にご相談をされた場合は、方位を意識する前にやることがいくつかあります。

就職や転職というのは人生の節目の一つです。

このため「今やろうとしていることが自分に合っているのか」を整理することが大事になります。

仕事関係で方位を使おうとするとき、切羽詰まっていることがあります。

なかなか就職が決まらなくて、とにかく何とかしたいときに方位を使いやすいです。

吉方位で仕事を探しても決まらない事が多い

気学や方位学を使って方位を意識するとは、申し込みのタイミングを意識し、時期を自分に合わせて就職活動をすることです。

しかし、時期を自分に合わせて探したとしても、自分に合った仕事探しをしないと、なかなか見つかりません(自分にあった仕事探しをしても見つかるかどうかは難しい)。

これは、自分自身の就職活動の準備が出来ていないため、方位を意識してもうまくいかないケースです。

仕事を探している人の姿は、その人が感じている事を思った以上に表に出しています。

どんな意識で仕事探しをしているのか、あわよくば就職できれば良いと思っているのか、その仕事をやりたいと思って面接に来ているのかなどが表に出ています。

このときに力になってくれるのが「自分はどんな仕事が合っているのか」「自分は仕事に何を求めているのか」という内面です。

方位の吉凶よりも仕事に求めていることが大事

自分自身が求めている事と自分が持っているもの・大切にしたら良いものをハッキリさせ、それを持って面接に行けるかどうかで、運をつかめるかどうかが変わります。

これがまず最初にきます。

次に来るのは、今現在の運気を上げておくことです。

家相・風水で上げても良いですし、吉方位旅行や引っ越しで上げても良いです。

家相風水なら家の中の良い場所を積極的に活用することで吉運をためていけますし、吉方位を使えば積極的に吉運を吸収していけます。

今の状態が自分にとって良い流れを引き寄せていることを意識出来れば、方法はやりやすいもので大丈夫です。

運勢的に「今が時期」でもOK

大事なのは、自分の運気や運勢の状態を把握しておくことです。

就職などで使う方位の影響は、全体運からみると小さいです。

このため目先の運気(就職で方位を使う)を上げるだけではまかなえない部分も多いです。

ところが、目先の方位の影響を大きく宣伝しすぎる占い師がいるから困ります。

やることをやった上で、就職活動に方位を活用するのは最後の手段になります。

方位も上手に活用出来れば、目安に出来る部分もある

就職活動で方位を使う場合、大事なのは日盤で方位を合わせておくことです(占い師によって様々です)。

一番小さい部分でタイミングを合わせることになります。

方位の影響で月盤・年盤を使う話が出てくることもありますが、難易度が上がるばかりで成果は定かでありません。

しかも、それで仕事が決まったからと言っても、自分がどんな仕事をしたいか定まっていない状態で決まってしまうと、結局「本当に良いのだろうか」と他のマイナス点を探し始めます。

就職活動や転職活動で方位が力を貸してくれる部分もありますが、それはタイミングを合わせさせてくれるぐらいだと思った方が良いです。

方位以上に大事なポイントがいくつもあります。

それらを押さえた上で方位も考慮する。

やれることは全部やる。

方位だけにこだわる理由はありません。

【関連するまとめリンク】
「職場・学校・習い事が凶方位の時どうしたら良い?まとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧