持っているものが壊れたとき、その「壊れる」という意味が大切になるとき

モノが壊れたら、とりあえず一休みする

物が壊れても、何でもかんでもそこに意味を求めようとしないほうが良いです。

いちいち気にしていたら、いろいろな事が気になりすぎて頭がおかしくなってしまいます。

物が壊れるだけでなく、物を失くしたとしても、いつでも意味があると思わないことです。

意味を理解しようとすればするほどとらわれが多くなり、辛くなることが増えます。

占いは中毒性があって、一つが気になり始めると、あれもこれもなんだか意味があるような気がするので厄介です。

まずはここまでが注意事項で、これを理解して頂いたという前提で本題です。

物が壊れたら、とりあえず壊れたものは片付けて、自分が疲れていないかをチェックしてください

物が壊れたら、とりあえず壊れたものは片付けて、自分が疲れていないかをチェックしてください

お腹いっぱいご飯を食べて一晩ゆっくり寝て、その上で「壊れたことが気になるかどうか」を確認してみてください。

このやり方は辛くなったときであればいつでも使える王道ですが、ものすごく効果があります。

物が壊れてから一呼吸置くだけでなく、自分の精神と体のバランスを整えることになるので、必要なことが見えてきます。

これぐらい間を空けないでいると、細かい事が気になってしまい、ネガティブパワー全開で大きく流れを変えてしまうこともあります。

物が壊れたときのシグナルとして大事なのは、まずは吉方位旅行や引っ越しの後の意識的に運気に影響を与えている場合です。

運気を良くしているのに物が壊れるということは、自分自身の運気が変わり、身の回りのものと波長が合わなくなった可能性があります。

調子の良い時に買った物と、調子が悪い時に買ったものがあるとすれば、調子が悪い時に買った物が壊れたりなくなったりします。

非常に分かりやすいです。

また、そもそも自分にとって要らない物、不要だった物、厄介だった物が壊れたりします。

これは物に関わらず、人間関係にも影響します

仲が良かったはずなのにだんだん疎遠になったり、逆に仲が悪いと思っていた人と仲良くなったりすることもあります。

こういうことは吉方位旅行や家の運気を整えたりすると起きやすくなります。

特にそういうことが無い場合は「疲れすぎていないか」というセルフチェックが必要です

物が壊れるときは大抵、何か無理をしています。

落ち着いた環境で日常を送ることが出来ている場合、物が壊れることは消耗や寿命以外ではあまりありません。

でも、無理をしているときは別で、てきめんに周りのモノに出てくることがあります。

仕事でよく使うものが壊れれば仕事に無理が来ている、普段から使っているものが壊れれば生活全体に無理が来ていることを教えてくれています。

その無理の原因は「何か無理してるんじゃないの?」って自分に聞けば、すぐに気が付くこともあれば、うすうす感づいていることもあります。

だからこそ、物が壊れた場合、セルフチェックが重要になります。

こういうケースとは別の理解の仕方もあります。

私は「ものにも意識がある」と思っています

これは信じなくてよいです(笑)

ただ、私がそう感じる理由ははっきりしていて、ちゃんと意識して持っておいてやらないと、いなくなっちゃうんですよね。

あるいは意識をしていてもどこかにいってしまうことがあります。

失くすというのとは少し違います。

お守り系は普通は無くなりにくいものです。

ところが、いつの間にかいなくなっていたり。

逆に、いただき物などで、すぐになくなる物まであります。

巡り合うご縁は合ったとしても、やっぱり合わないからなくなってしまう、そういう理解の仕方もあるということです。

所有しているものが壊れたり無くなったりする場合、意識したら良いことがあります

所有しているものが壊れたり無くなったりする場合、意識したら良いことがあります

それは「壊れた後に起きること」に対する意識です。

壊れた後に起きることとは、壊れた後から大体数日間の間に起きたことをさします。

持って「きた」ものが壊れるのではなく、持って「いる」ものが壊れる場合、基本的に自分の身代わりになっていると考えます。

そのため、その後に何か起きて、それが大変な場合は、「大変」⇒「少し大変」ぐらいに小さくなっており、トラブルとかであればぎりぎりで気が付けるという流れになっていることが多いです。

あなたのもの自体があなたに対して「危ないから気をつけて!」って教えてくれているということです。

こういうことをきちんと受け止めるためにも、物が壊れたらとりあえずちゃんと寝て、ご飯を食べて、休息をとっておきます。

疲れて壊したのか、暗示で壊れたのかが分かりにくくなるためです。

特定の何かが壊れるというよりも「あなたが持っているものの重要度」がその問題に対する大きさと言えます。

身近な物に何かあれば、やはり壊れた後は慎重に行動し、無茶をしないことです。

普段は気にもしてない物が壊れる場合は、単なる不注意です。

お茶碗が割れたって、不注意で割ることもあります。

でも、そうじゃ無いときもあります。

なんでもかんでも気にしていたらダメですが、「壊れた後」の事を意識しておくと、「あれがシグナルだった」と気がつくことが出来ます。

【今年一年をどう過ごしたら良い?今年を最高にいい年にするポイント占い<期間限定>】
詳細はこちら

【厄除け・サポート・運気の停滞を払うキーホルダーのお守り】
この度、新しい開運グッズとしてお守りを作りました。私自身が使ってみて、うん、これは良いねってなったので販売を開始致します。詳細はこちら

【1月は名古屋、2月は仙台でお会い出来ます】
1月28日(日)~30日(火)は名古屋、2月18日(日)~20日(火)は仙台に行く予定にしました。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)





オススメ無料占い初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧


【新しいブログを作成しました】
いま、このブログは頻繁に更新しています。古いお話を今の時代に合わせて全て修正をしているところです。内容のほとんどは変えているので、前に見たことがあっても「今」の流れに直しました。修正作業が中心になっているため、新しいお話を書く場所が無くなってしまったことから、新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所がなくなっちゃったので、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 ツイッターはこちら

関連記事




過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る