現在、ブログの見た目を調整中です

運気が切り替わる時・運命の変わり目・運勢の節目に起こること

運勢・運命を占いで使いこなして開運

運気が切り替わる時、運命の変わり目、運勢の節目は「変化」が多い

この変化を後で振り返ると「あの時のあれがシグナルか」と気が付くこともあります。

この変化のタイミングは意識をすることで分かりやすくなることがあります。

分かりやすいのは身の回りのモノが壊れたときなどです。
参考:「ものが壊れた後に本当の幸運と不運がやってくる」

物が壊れるときは良い時も悪い時もあるのですが、目に見える変化です。

これ以外にも運気を上げると変化が目に見えやすくなるので、吉方位旅行をお勧めすることもあります。

目の前の変化が自分にとって良い流れなのか悪い流れなのかを理解するためには、今の自分の状態が良いのか悪いのかが分からないと判断のしようがないです。

占いで「良い時と悪い時」の判断が出来る

目の前で起きている事の善し悪しを感覚で判断するのではなく、その人自身の過去と照らし合わせて占っていくので善し悪しを明確に出来ます。

だからこそ感覚だけでなく、占いだけでもなく、現実とすり合わせた結果を大事にします。

吉方位旅行や方位の影響を実感出来る人は、こういう時に便利です。
参考:「吉方位旅行を楽しんだ後は、本気で吉方位の影響を取りに行く」

運気や運命、運勢が大きく動くときは、現実も変化し始めます。

この時に一番多いのが「身の回りの変化」です。

運気が切り替わる、運命が変わる、運勢の節目は現状を変化させようとする力を持っています。

節目の時に何をやるかで運命が決まる

運命が決まるといっても、この段階では仮決定みたいなものですので怖がる必要はないです。

ただし、「変化の時」は一番大きな流れに沿って選択をする傾向にあります。

仮決定のように見えても、今の選択が本決まりになることがほとんどです。

これこそまさに人生ですが、でも、だからこそ怖いです。

人は「分かっていても選択できない時」があります。

分かっていても選択できないけど、そこで選択できるかどうかで今後の人生が変わるならどうするかです。

あるいは選択出来ないなら出来ない中でどうしていくかです。

現状維持はこれまでの運命の延長になりやすい

私は凶方位が凶方位を呼ぶことがある、不運が不幸を呼び、不幸が更なる不幸を呼ぶことがあるとお話することがあります。
参考:「凶方位に呼ばれる、凶方位が続く時は自分を振り返る時」

それをその人は望んでいないのに、逆説的に望んだとおりになっているという怖さです。

この時にどんな選択をするか、何を選択するかについては、その人が何を望み、そして覚悟を持てるかに関わってきます。

私は普段こういう深刻めいた話はしないのですが「え、その選択をしちゃう?」という人がたまにいます。

占いよりも願っている事の方が大事

やりたいことがあるなら可能性を探すのが私の仕事ですが、それでも「その選択はやばい選択」ということがあります。

最後の一線みたいな、いまここで現状から抜け出さないとやばいみたいな、そういうタイミングがあります。

「変えられない」という人に出会ったとき、「私との出会いは何が求められていたんだろう」と思います。

私は比較的良いことも悪いこともはっきり伝えます。

ただし、必ず逃げ道というかリスクと改善策を提案するようにしています。

ダメなものは難しいのですが、でも、ここを押さえておけば少し変わるかもしれない、そういうポイントがあります。

しかし、それすら相談者としては受け入れられない場合、今はきっかけのみが必要な時で変化をする時期ではないのかもしれません。

変化が出来ない姿を見ていると運命に逆らうのは難しい事が分かる

変化の時は身の回りでの変化が多くなるとお話をしましたが、人間関係や自分の環境は特に変化します。

自分から変化を起こす人の場合も同様で、人は運の塊なので人とのつながりが今の自分を表していると言ってもおかしくないです。

人とのつながりが多いか少ないかは関係なく、人との関わりの変化が「変化のタイミング」を教えてくれます。

繰り返しますが、この「変化」が自分にとって良いのか悪いのかが分からないと、感覚に頼るしかないです。

感覚は良い調子にあるときは役立つのですが、そうじゃないときは悪いほうに悪いほうに行くようになります。

運の善し悪しよりも変化が大事な理由

私は運の良し悪しは基本的に無いと言ってます。

運は変化そのものです。

その変化を自分にとって良い形に出来るか悪い形にしてしまうかは自分次第です。

変化はタイミングを表していますが、その内容を理解するのは難しいです。

だからこそ、運気を上げることが大事になります。

運気を上げるというのは、吉方位旅行に限らず、自分に合った生き方・環境などでも運気の上昇に必要な要素となります。

今が変化の時期と分かれば、目の前の状況の善し悪しも分かる

嫌な人間関係が増えれば「今のままの自分ではだめなんだな」ということが分かりやすいです。

良い感じの人間関係が増えれば「今のままの自分のやり方でやっていけば良いのだな」ということが分かります。

旅行・出張に行った後で人間関係が変わり始めれば、何かの変わり目に来ている、運気・運命・運勢が変わり始めている目安に出来ます。

「変化」を感じたとき、自分で判断できないなら占いを使っても良いです。

節目の時は様々な事が起こりやすい

節目の時は問題と感じるようなことが起きやすいです。

仮にあれこれ起こっていたとしても、運が良い時なら一つずつが順番に起きます。

きついけれど、対処できます。

対処できることなら今の流れは悪くないです。

変化の時であっても「自分に良い流れを引っ張ってこれる選択肢はある」ということを意味しているからです。

しかし、同じ変化の時でも対処をおろそかにして、あれこれが重なり始めたらやばいです。

変化の時はお話をしてきているように、良いも悪いもありません。

潮の満ち引きに良い悪いがないのと同じように、「変化」をしているだけです。
参考:「運気が良かろうが運勢が良かろうが、嫌なことやトラブルは起きる」

運気アップをしても変化しないとき

これは現状ではまだ変化のタイミング(運・運命・運勢の節目)に来ていないため、自分の中に運気を蓄積している状態です。

現状が継続されます。

ただ、運気アップを意識していると小さな変化が目につくようになります。

人生が切り替わるほどの大きな選択を求められるというよりは、小さな選択がひょっこり出てくる感じです。

こういうのは意識して掴んでいくと、大きな変化を引き起こしやすくなります。

時の流れを読むときに大事なことは、「いきなり大きな流れがど~んと来るわけではない」ということです。
参考:「幸運を呼びやすくする、運命を変えやすくするには年月の節目・変わり目を活用する」

私は「変化の山場」を見極め、そこに向けて準備が出来るように鑑定をします。

変化の時を知り、準備をする

良いことが起きるにせよ、嫌なことが起きるにせよ、「準備出来るかどうか」は大きいです。

これが「タイミングを合わせる」ということです。

変化の時はガラガラポンなので、どっちにでも簡単に転がります。

その時に選択することは既に流れに乗っている内容を選択しやすいです。

だからこそ、この大きな流れそのものを、自分に合ったような形に出来るかどうかです。

目の前の事ばかりに意識が行くと、自分がどこに向かっているのか分かりにくいです。

しかも、変化の時は容赦がないので考える時間を与えてくれないです。

結果的にその時の環境や感覚で判断してしまい、後になって「あの時がターニングポイントだったのか」となりやすいです。

節目は現状を変えさせるような事が起きる

占いに出ているかどうかよりも現実に変化を強いる流れが出ていることが多いです。

動くべき時に動き、力を蓄えるときに力を蓄える、それが「変化に備える」ということになります。

そこから逆算して今できることをはっきりさせるのが占いとなります。

まさに変化の渦中にあるときは、いろいろな事が起きて余裕がなくなっていると思います。

もしそういうタイミングならそれはそれで運があります。

だって、今は「選択の時」が来ているわけですから、変化に合わせて選択をしていきます。

普通はどうしたら良いか分からなくなって流れに任せてしまう感じになります。

節目の時に動いてみると状況が分かりやすくなる

「どうしたいのか」を見つめなおし、そこに向かって必要な選択を積み重ねていきます。

ぶっちゃけ大変なはずです。

だって、備えもなく変化の渦中に突っ込んでるのですから。

でも、変化の時はガラガラポンなのだから、やれることをやってしまった方が良いわけです。

保留にすることだけ避けてください。

それを忘れないだけでも、この変化の時を味方に出来る可能性が高まります。

【関連するまとめリンク】
「運・運気・運勢を良くする、幸運のつかみ方のまとめ」

【ここで取り上げた関連するお話】
「ものが壊れた後に本当の幸運と不運がやってくる」
「吉方位旅行を楽しんだ後は、本気で吉方位の影響を取りに行く」
「凶方位に呼ばれる、凶方位が続く時は自分を振り返る時」
「運気が良かろうが運勢が良かろうが、嫌なことやトラブルは起きる」
「幸運を呼びやすくする、運命を変えやすくするには年月の節目・変わり目を活用する」