占いがきっかけで人生が変わる

あなたはなぜ占いをしてもらいますか?

安心のためですか?

自分の未来を知りたいからですか?

自分に何が合っているのかですか?

失敗したくないからですか?

人生の変わり目、あるいは占いが人生を変えてしまう、そういうことが起きます。

人生は運命。運命が変わると人生も変わる

占いに関心が出てくる時は、人生の変わり目であることが多いです。

普段は全然占いに関心を持たない人なら、なおさら節目のタイミングで占い師に相談されています。

占いが人生に影響を与える、運命に影響を与える場合、占いの内容はあまり重要ではありません。

それよりも「今占いを受けたこと」が、人生を変えるきっかけになっていることが多いです。

占い師に出会い、自分と向き合うきっかけを得たことで、その後の選択や行動が変化していく感じです。

日頃から占い師に相談されている人は別ですが、何かの拍子に占って貰うきっかけを作った場合、虫の知らせで占って貰っている事があります。

ちょうど良いタイミングで運勢の変わり目だったり、今必要な情報を占いから気づかせて貰うことなどもあります。

占いで人生を良い感じに変えていくコツ

占って貰った内容が大事になる人もいれば、占いを受けた後に生活がどんどん変わる人もいます。

もしかしたら占いを受けなくても変わったかもしれません。

変わるきっかけは外から変化が舞い込んでくることが多いです。

でも、占いを受けたからチャンスが舞い込んできたと思えた方がスムーズに動けます。
参考:「占いは思い込み?開運の方法とは

占いの相談でも多いのは「この話は良い話でしょうか、それとも注意した方が良いでしょうか」と迷うケースです。

占いを受けた後に舞い込んできた良さそうな話は「これは良い話だ」と踏み込んでチャレンジすることが出来ます。

占いの内容に関わらず占いを受ける前と後で変化が起きる人は多いです。

このときにすぐに動ける人とそうじゃない人がいるのも確かです。

でも、「占いは人生を変えるかもしれない」ことを知っていると、動けるチャンスが増えます。

占いを節目と感じて人生を変えようとする人

こういう人は運の流れをつかみやすいです。

鑑定の依頼をするその行動力が既にその人の運に流れを与えてる、刺激を与えていると理解します。

これは占いをきっかけにしているだけなので、他の何かをきっかけにする事も出来ます。

それにチャレンジすれば良いだけです。

すると急激に変化が起きることがあります。

自分の変化は環境の変化を引き起こし、人生の変化へと繋げていきます。

それは意識が変化するのかもしれないし、実際に生活環境が変わるのかもしれません。

忙しくなるのかもしれないし、思い切った決断をどんどんするようになるのかもしれません。

でも、なぜかそうしたくなるわけです。

運命が変化の中に入っていくとどんどん変わる

上でもお話をしているように、関心があったとしても普通は占いを受けようと思うことはありません。

占いに慣れている人ですら、占いにはまっていない限り、受けようかどうしようかと考える事が多いです。

一定の経過を経て占いを受けるというタイミングを手に入れる状況を考えると、何かの節目に当たっていると考えられます。

だからこそ、占いの結果だけで一喜一憂している場合じゃなく、その鑑定の中からあなたの求めているきっかけをどれだけ掴んでいくかです。

そのきっかけさえつかめば、占いなんてどうでも良いのです。

それで十分に元がとれてます。

私が占いを受ける時も同じです。

私が知りたい事に対するヒントはどこにあるのかって意識して聞いています。

そして、この占いを受けた後、どんなきっかけが舞い込んでくるだろうかと期待をしています。

あなたが占いを受けたくなったら、それは人生の節目だということです。

行動をするきっかけとしてこれほどナイスタイミングはありません。

【関連するまとめリンク】
「転機の年、占いが教えてくれる運勢・運気・運命の変わり目のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧